PG-K C-Taper/C-Taper95シャフト ウェッジ KBS (ピーチューン) P-tune ff1cceuwf64433-クラブ(メンズ)

ムンソンは息子のサンだけを東門に預けて一人済州を離れる
ヨジンとジュンスが一緒にいたという自治会長やヨニの話を思い出し【カスタム】スリクソン Z785 アイアン 単品販売 N.S.PRO MODUS3 TOUR105 シャフト装着仕様_#SRIXON#18Z#モーダス3 105

PG-K C-Taper/C-Taper95シャフト ウェッジ KBS (ピーチューン) P-tune ff1cceuwf64433-クラブ(メンズ)




P-tune (ピーチューン) PG-K ウェッジ KBS C-Taper/C-Taper95シャフト







■組合せシャフト (当店での組立てとなります)

※お申込み時にプルダウンより「シャフトスペック」 「長さ」 「バランス」をお選びください。
   (バランスは組み上がりの長さによって対応できない場合がございます。予めご了承ください。)

「KBS C-Taper/C-Taper95」シャフトを選択可能なその他のカスタム地クラブはこちらから
■ KBS C-Taper/C-Taper95 カスタム 地クラブ一覧

KBS C-Taper/C-Taper95



【ご注意事項】 ※ご注文前に必ずご確認ください。

1.納期につきましては、ご決済確認後約1週間を予定しておりますが、メーカーの在庫状況により納期が遅れる場合がございます。(メーカー欠品により納期が遅れる場合、ご連絡を入れさせていただきます。)
ご注文前のご希望パーツでの納期のお問い合わせはお問合わせフォームをご利用下さい。

2.当商品はオーダーメイドの為、メーカー発注後のキャンセル・変更はお受けしておりませんので予めご了承ください。

3.料金には、「ヘッド代金」「シャフト代金」「標準グリップ代金」「組立て工賃」が含まれております。

4.料金に含まれる「標準グリップ」は「Golfpride ツアーベルベットラバー」となります。
他のグリップでのセッティングをご希望の場合は、オプションのグリップ欄で「その他のグリップ(別料金)」を選択し、下記の「グリップ変更 (地クラブご注文の方専用)」ページより、希望のグリップをお申込みください。

グリップ変更のお申込みはこちらから

P-tune (ピーチューン) PG-K ウェッジ KBS C-Taper/C-Taper95シャフト

テヒからは「一緒に暮らせない」と突き放され

クイーンズ・グループでは構造改革に踏み出すことに


 以前にもこのブログに書いたのですが、わたしは東山魁夷さんが言われている「風景は心の鏡である」というこの言葉が、大好きです。先日はこんな風景を見て東山魁夷さんのこの言葉を思いだしてしまいました。


 これは、栃木県那須町の関街道にある江戸時代(1877年)に建てられた三森家住宅(国指定重要文化財)の表門からの眺めです。田んぼのむこうには、植林された山が見えています。

 この表門は、長屋門ともよばれているようです。この三森家住宅は裏に山があり南に向けて建てられていて、門を入るとこんなわらぶきの家がありました。
入ってすぐの庭は、松の木が配置され、ところどころにもう咲き終えたヤマユリが、実をつけていました。

 東山魁夷さんは、庭はその家に住む人の心をもっともよく表すものであるとも言われていますが、この庭も素朴で朴訥な感じのする庭でした。

 三森家住宅を後にして、前の関街道に出てみますと、田んぼのへりには、コスモスが群れて咲いていました。

 日本のなつかしいような感じのする秋の山里の普通の風景が広がっていたのですが、こんな風景が、わたしたちが大事にしたいものなのかもしれません。

 「風景は心の鏡」なのですね・・。

上司に銃傷を負わせたことが原因で遺失物センターに左遷された

ヨジンの母親の葬儀場にいたことにテヒは激怒する


 今年は彼岸花の開花がとても遅く、例年よりも2週間ぐらい遅れて咲きました。この花は、9月29日に、白河の南湖のほとりに咲いていた彼岸花です。


 彼岸花が咲いているのを見るといつもその造形のすばらしさに惹かれるのですが、こんな豪奢な花のルーツは、日本ではないような気がしてくるのは、わたしだけでしょうか・・。

「植物知識」という牧野富太郎さんの本によれば、万葉集に出てくる「イチシ」という植物は、彼岸花なのではと、新説として書かれています。

路(みち)の辺(べ)の壱師(いちし)の花の灼然(いちしろ)く、人皆知りぬ我が恋妻を

 中西進さんの「万葉集」によれば、この壱師の花は、未詳と出ていますので、まだ定説にはなっていないようですね。


 また、牧野さんは、ヒガンバナの中国名は石蒜(せきさん)で、この花は日本と中国が原産と、書かれているのですが、この本の後ろの「注」には、日本のヒガンバナは、有史以前に中国から来たという説もあるとのことでした。

 やはり、わたしが疑問を持ったように、あまりにも華麗すぎるこのヒガンバナは、やはり大陸から来た花なのかもしれませんね・・・。
 
     「いっぽんのまんじゅしゃげ見ししはわせに」 山口誓子

年俸7,000万ウォンを稼ぐバリバリのキャリア・ウーマンだ

夜通しユンジュを家の前で待つテヒを心配し迎えに行くヨンシク


 「失われた時を求めて」の吉川一義さん訳の岩波文庫本も、あと1冊で完結になりました!!!
 この13巻は、後半部分にプルーストの言いたいことがいっぱい詰まっていて、好きなところを選ぶのが、難しいほどです。



 難しいのですが、この部分を選んでみました。

「ひとりひとりの読者は、本を読んでいるときには自分自身の読者なのである。作家の書いた本は、それなくしては読者が自分自身のうちに見ることのできないものを識別できるよう、作家が読者に提供する一種の光学器械にほかならない。」
        引用 521p~522p

 プルーストは、たぶんご自分の読書体験から、このような結論を得たのだと思いますが、真理だと思います。


ハン常務がテヒの再就職を邪魔しているのだった
警察庁勤務当時はシオンの先輩であり恋人だった
 わたしのプルーストの「失われた時を求めて」の読書は、この岩波文庫の吉川一義さんの翻訳のずっと以前のちくま文庫の井上究一郎さんの翻訳から始まっています。その後に集英社文庫ヘリテージシリーズの鈴木道彦さん訳で、現在の岩波文庫の吉川一義さん訳まで、最初の井上さん訳からは、もう27年もたってしまいました。

 わたしは、この本に出合えたことに感謝しています。音楽や絵画についてはもちろんですが、読書の喜びを深く感じることができたのも、プルーストのこの本のおかげです。関連本の読書も40冊近くになりました。

 「ひとりひとりの読者は、本を読んでいるときには、自分自身の読者なのである」
ソラの部屋でヨジンとジュンスが写った昔の写真をみつけてしまうテヒ
テヒはクイーンズ・グループの企画公募で再入社の機会を得るが
 良い言葉だと思いました!!!

上司に銃傷を負わせたことが原因で遺失物センターに左遷された

ヨジンとジュンスが一緒にいたという自治会長やヨニの話を思い出し

チーム長はあのヨンシク!始めは反発し合う2人だったが(#5~PWセット)【バルド】BALDO COMPETIZIONE 568 IRON T2★ K's Tour 115(島田ゴルフ製作所)シャフト【5営業日以内の発送】
ある出来事をきっかけにその存在を身近に感じ始める (#5~PWセット)【バルド】BALDO COMPETIZIONE 568 IRON T1★ K's Tour 115(島田ゴルフ製作所)シャフト【5営業日以内の発送】

 昨日の散歩のときに、ツリフネソウが群れていっぱい咲いているのを、見ました。釣舟とは、舟の形をした花器のことで、床の間の天井からくさりで吊り下げるもののこととか・・。花の形がその釣舟に似ているというので、「ツリフネソウ」という名前が付けられたということです。

 堀田善衛さんの書かれた「方丈記私記」を、久しぶりに読み返してみました。改めて読んでみると、やはり名著だなあと再認識しました。
 堀田さんは、東京大空襲を経験なさっているので、そのときの体験から方丈記に書かれている京都の大火災の様子にふれて考察を始められています。

 


  当時は、大火ばかりではなく、地震やつむじ風などの天災も多く、世の中も乱れていて、大変な時代だったようですが、鴨長明はそのような時代を現実的に生きたというのを堀田さんは強調なさっています。
 
 わたしが興味を持ったのは、定家などの歌壇の歌論にも触れられていることです。当時の現代語の拒否と、本歌取りなどは、新古今集の和歌も、そうなのですよね。
 


 そしてさらに、この本歌取りの文化は、わたしたちの文化と思想の歴史の中に生き続け、創造よりも伝承になり、花道、茶道、剣道、柔道、そして、学問や神道にまで及んでいるのではと、論考なさっています。

 このことから、堀田さんは、日本人の深部にある日本文化の伝統主義的なものに対しての批判にまで、暗に触れられているのは、おもしろいと思いました。

 最後にこう締めくくられていますので、引用させていただきます。

「そうしてかかる「閑居の気味」は、中世芸術家たちの憧憬の対象となり、またまた、今度は鴨長明自体が本歌取りの対象にされてしまう。」
                  (方丈記私記の237pからの引用)


           「方丈記私記」堀田善衛著・ちくま文庫
テヒからは「一緒に暮らせない」と突き放され

朝ドラW 1部 毎週月~金曜 朝8時05分放送

テヒが辞めると言ったのはハン常務の策謀によるためだったことを悟ったヨンシクは

8月8日は、立秋でした。
 きょうは、8月27日で、わたしの住むこの辺りでは、朝夕大分涼しくなり、もう夏も終わりだと、しみじみと感じるようになりました。
 今朝は、早朝に目が覚め、庭に1本だけ咲いている桔梗の花を見に、庭に出てみました。

キャロウェイ 2018 ROGUE STAR 単品 アイアン #5 AW GW SW 日本仕様  N.S.PRO Zelos 7 (S)スチールシャフトタイトリスト 2019 T300 アイアン Titleist 19 T300 IRON 6本組 AMT 赤 スチールシャフトOakleyメンズCrypticポロ S ホワイト

「秋きぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」
                     藤原敏行朝臣

 あまりにも有名な古今和歌集の秋歌上の最初に出ている歌ですが、この季節になると、いつも口ずさんでしまいます。このブログでもこの歌は、以前に2度ご紹介しています。

古今和歌集のこの歌のひとつ前には、こんな歌が載っていて、これもわたしの好きな歌です。

「夏と秋と行きかふそらの通路(かよひぢ)は かたへすゞしき風やふくらん」
 夏と秋が行きかっている空の道では、かたほうの空では涼しい風が吹いているのでしょうという、おしゃれな歌です。

 古今和歌集の前文の仮名序には、「和歌(やまとうた)は、人の心を種として、万(よろず)の言(こと)の葉とぞなれりける。」と、書かれていますが、日本の和歌は日本人のこころの言葉なのだと、このような歌を読むと、実感できるようになりました。

ドナルド・キーンさんが、ケンブリッジ大学で日本語を読む学生は、「古今和歌集」の序(仮名序)から勉強をはじめたと何かに書かれていたのを、ふと思い出しました。
 「秋きぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」

 やはり、いい歌だとしみじみと思います・・。

ジュンスが企画開発室のプレゼンテーションを始めるが

テヒの部署にポン・ジュンスという男が入社してくるが・・・

ムンソンは息子のサンだけを東門に預けて一人済州を離れる


  今年はヤマユリの開花が遅れ、7月下旬頃から本格的に咲き始めました。8月の半ばの今は、もうほとんど終わりかけていますが、きょうの散歩のときに、最後のヤマユリが1本の茎に10個も花をつけているのを見ました。下の写真は、先月の7月25日の咲き始めの頃の写真です。
   この日本の野山に咲く大輪の見事な「ヤマユリ」を見ていると、今年も咲いてくれてありがとうと、声をかけてしまいました。香りがまた芳醇なのです・・。

キャロウェイ ローグ スター 単品アイアン ROGUE STAR #5 フレックスR 中古 Cランクピン i BLADE アイ ブレード アイアン(6本セット) ダイナミックゴールド
ヨジンが企画開発室のダイエット新製品に副作用が出たことを隠ぺいしようとするのを聞いたテヒは (モコ)MOCO ボタニカルポロシャツ 21-2171543 51 ベージュ 48


   先日、トルストイの映画「終着駅 トルストイ最後の旅」を観たのですが、トルストイの妻ソフィアとの確執や、最後の家出の旅先での死を想うと、久し振りにトルストイの本が読みたくなり、「二老人」を、読んでみました。

 この本は、二人の老人の生き方が書かれている民話です。二人の老人が、エルサレムまで巡礼の旅に出るのですが、それぞれにどのような旅をしたかというお話しです。素朴なストーリーですが、読後には、深い真理が感じられるようになっていました。


 本の訳者の北御門二郎さんの「訳者のことば」が、本の後ろに書かれているのですが、興味深い内容でした。
 北御門さんは、トルストイの「芸術は一部の人のものではなく、みんなの心の交流の場であるべきという考えや、非暴力主義」などのトルストイの考えに深く共感し、この民話を翻訳したということです。そして、そのようなトルストイの考えは、その後の彼自身の人生の生き方までも変えてしまったとのことでした。


 トルストイは、1828年に、ロシアの伯爵家に生まれ、幼い時に両親を亡くしています。
 「トルストイの生涯」というロマン・ローランの本によれば、トルストイは、どのように生きればよいのか悩んでいたときに、「幸せであろうとすれば、他人のために生きなければならない」という真理を発見したとのことですが、この言葉は、「二老人」の民話にも、通じている考えなのだと思いました。
 



トルストイは、その真理を、彼自身実践して生きるのは、とても難しかったようですが、トルストイ主義とも言われる彼の考えに共感し、影響を受けた人は、日本にもいて、この「二老人」を、訳された北御門二郎さんも、その「おひとり」だったようです。
 
「二老人」は、素朴な民話ですが、トルストイのことをいろいろと考えることができた読書でした・・・。

       「二老人」レフ・トルストイ著 北御門二郎訳 あすなろ書房
自ら捨てようとする負け犬根性をヨンシクに指摘されたテヒは

クイーンズ・グループでは構造改革に踏み出すことに

プロギア RS アイアン Air Speeder Iron シャフト 5本セット[#6-P] 特注カスタムクラブタイトリスト T200 アイアン 5本(6番〜P)セット フジクラ MCI100 カーボンシリーズ カスタムモデル 日本仕様 19年モデル

 丸の内にある三菱一号館美術館に、「マリアノ・フォルチュニ織りなすデザイン展」を
見に行ってきました。

 この赤いレンガ作りの美術館の入り口前は、すてきな広場になっていて、好きな場所です。暑い夏の午後の陽ざしが木々の影を、少し揺らしていました・・。
パク・ケヒャンが腕を振るう晩餐会に居合わせ

     プルーストの「失われた時を求めて」には、主人公の恋人のアルベルチーヌが着ていたフォルチュニの青と金の部屋着やダークブルーのコートが、出てきます。そのアラビア風の装飾の部屋着は、主人公にヴェネツィアを、想起させるのでした。そんなフォルチュニのドレスとはどんなものだったのか、そしてそのドレスを作った人は、どんな人だったのでしょうか。

ヨジンが企画開発室のダイエット新製品に副作用が出たことを隠ぺいしようとするのを聞いたテヒは


 デザイナーの名前は、「MARIANO FORTUNY」です。このマリアノ・フォルチュニ織りなすデザイン展では、フォルチュニと書かれていたのですが、小説の中では、フォルトゥーニとなっていました。

 フォルチュニは、1871年にスペインのグラナダで生まれています。その後、画家の父のアトリエのあるローマに住み、父の死後はパリに住んで画の勉強をしていたようです。17歳のとき、ヴェネツィアに移住した後は、ワーグナーのオペラの場面などの製作や、フォルチュニの型の製作も始め、テキスタイルのプリント工房をかまえて、「デルフォス」と呼ばれる絹のプリーツを、開発したようです。

 フォルチュニの軽くてしなやかな「デルフォス」と呼ばれる絹の繊細なプリーツを施した生地のドレスは、紫や緑、アイボリー、錆びた朱色や、黒などが展示されていて、見事でした。 いまでも充分に着ることができるデザインだと、思いました。上記の写真の左の内側のドレスと真ん中の黒のドレスがそうです。右は、ステンシルプリントと絹ベルベットのフード付きケープですが、多分アルベルチーヌの着ていたコートもこんな感じだったのかなと、想像しました。

 フォルチュニとプルーストは、1871年と同じ年に生まれていますので、ほとんど同じ時代を生きたようです。フォルチュニはデザイナーとしてだけではなく、版画家、舞台芸術家、写真家でもあったのですが、彼自身は、画家と語っていたということです。ヴェネツィアで暮らしていた屋敷は、いまは、フォルチュニ美術館となっていて、その屋敷で使用されていた吊りランプや、彼の絵や写真なども飾られていました。

 会場で、2016年春のヴァレンチーノの「フォルチュニへのオマージュ」という
ファッションショーの録画を見たのですが、繊細でゴージャスなドレスは、とてもすばらしく、見惚れてしまうほど見事でした!!!

  プルーストの小説にも出てくるようなフォルチュニのドレスの系譜は、見事にヴァレンチーノへと、受け継がれているのですね・・。

ヨジンの母親の葬儀場にいたことにテヒは激怒する Return Top